私は昔からムダ毛が濃く生えてくるのが早いので、頑張って剃っても次の日にはちくちくとした毛が生えてしまいます。
毎日剃るのはめんどくさいので、特別なことがない限り3日に1回ほどの程度で剃っています。

実は、剃り忘れて失敗したこともいくつかあります。

1つ目は学生の頃、プールの授業の時です。
プールは水着を着なければならないので、毛深い女の子にとっては大敵。
私は更衣室で水着に着替えてから、腋毛を剃るのを忘れていたことに気が付きました。
たまたま、脇の下に手が触れたとき、チクチクとしたものが指先に当たったのです。
見て確認してみると脇の下には黒い毛がびっしり。
これは誰にも見せられるはずがない。
そう思った私は、とっさにお腹を押さえ苦しもがく演技をし、急いで着替えてトイレに行きました。
危機一髪でした。
しかし仮病なのに心配してくれた友達や先生に嘘をついてしまったことに、今でも罪悪感が残っています。

2つ目は就職活動でスーツを着ていた時です。
朝、毛を剃らなくてはならなかったのに、寝坊して忘れてしまった日がありました。
電車に乗車し一息ついて、ふと足元を見た時のことです。
ストッキングからすね毛がびっしり見えていたのです。
こんなにもストッキングから毛が見えるものなのかと、ショックでした。
仕方がないので、かみそりを購入してトイレで剃りましたが、切って血が出るわ、ストッキングが汚れるわでさんざんな一日でした。